航空会社のクレジットカードでのマイルの注意点

マイルを貯める時に航空会社のクレジットカードを利用する事が良いですが、いくつか注意点があり理解しておく必要があります。

一つは、高還元率のマイルを貯めるクレジットカードはマイル交換手数料がかかるという事です。

意外と重要なポイントで、クレジットカードのポイントをマイルに交換する時に手数料が必要になります。

クレジットの航空会社によって手数料は異なりますが、クレジットカードのポイントは2年有効なので、2年ごとにマイル交換をするとしても2500円から3000円のマイル交換手数料が発生すると言えます。

コスト分も考える必要があり、年間に数十万円程度の利用であれば手数料を考えるともったいないと言えます。最低交換マイルに達することができるかという事も意識しておく必要があり、クレジットカード中心でマイルを貯めようと考えている方には大きな問題となります。

生活費等を普通にクレジットカード払いにすれば金額的には達すると思いますが、カードの利用額が小さいという方にとっては厳しい水準になると言えます。

特典航空券での予約なども考えると余裕がある予約ができることが望ましいので、本来であればもっと早く貯め切る必要があると言えます。

ANAマイルを貯めたいならANA JCBワイドゴールドカードがおすすめ

日本国内旅行でマイルを貯めたい方はANAかJALかに分かれると思います。

私は利用する路線の数と料金からANAを利用する機会が多くなりました。

そこで、ANAマイルもカードのポイントも貯まり、ラウンジの利用が無料になるANA JCBワイドゴールドカードをおすすめします。

ANA JCBワイドゴールドカードはANAが発行するクレジットカードですので、ANAマイレージサービスの利用が可能です。

ANAマイレージサービスに登録すると、搭乗手続きがカードの提示のみで済むようになり面倒な手続きが簡単になります。

そして、肝心のマイルですが1000円の利用でJCBのOKIDOKIポイント1ポイント、ANAマイルは10マイル貯まります。

ポイントからマイルへの移行には多くのカードで4000〜5000円の手数料がかかりますが、ゴールドカードですので手数料は無料となります。

年会費は15120円と安くはありませんが、年間で4000ポイントのキャッシュバックもあり、実質11120円の負担でマイルが溜まりやすく、ラウンジ利用などお得な特典のあるANA JCBワイドゴールドカードは国内旅行の多い方におすすめですよ。